ボディメイクになぜ卵はいいのか?

卵の画像

ボディメイクで食事改善をする際にタンパク質を一定量、摂取する必要があります。
おすすめタンパク源食材の1つが「たまご」です。

卵には大きさにもよりますが1つあたり約6~7gのタンパク質が含まれます。
黄身にはビタミンなどの栄養素も含まれ、白身はほとんど水分とタンパク質でできています。
白身の呼び名を「らんぱく」にするか「たんぱく」にするか議論があったとかなかったとか笑
それくらい純粋なタンパク質です。

タンパク質を構成する「必須アミノ酸」のうち、体内で生成することができない「必須アミノ酸」がバランスよく含まれているものが良質なタンパク質だとされていますが、たまごにはこの「必須アミノ酸」の栄養評価を示す「アミノ酸スコア」が100点満点なのです!
卵の良い点はほんとにたくさんあります。
以前に吉田トレーナーが体重を増やす健康的な食材について書いていますが卵は増量中でも使用するのにいい食材です。

ただ、黄身には脂質も含まれるためダイエットをされている方は調理法や1日の個数を考えつつ摂る必要があります。

一つ前のページへ戻る

 体験実施中
申し込みはこちらから!